×

日常の色々な事

開発の考えや映画やアニメなど、ごちゃごちゃしたものを書いてます。

エマの武器屋さんをクリアした感想

最近新しいゲームを何かやりたいと思って、色々探していると「エマの武器屋さん」と言うゲームを見つけました。

自分の好きなアトリエシリーズみたいなお店のアイテムを調合で作ったり、時間制限があったりして面白そうだなと思いセール中だったので購入してやってみました。

ゲームをクリアしたので、感想を書いていきます。

ゲームクリア画面

ゲームとしては、ダンジョンに潜ってアイテムを拾ってきて売ることで目標金額を稼ぐことを目標としています。

上の画像にもありますが、初見でゲーム内時間の四か月で終わっているのでボリュームがとても少ないです。さらにキャラ同士のイベントはプロローグとエピローグ、ダンジョンのクリア時にしかないため、イベントもボリュームが薄いです。

ゲームシステムとしては、アイテムとアイテムを掛け合わせて調合することで良い装備やアイテムを作ることが出来るので、調合したアイテムを売ることでお金稼ぎを優先するか装備に使うことでダンジョン探索を優先するかを判断する面白さもあります。

ダンジョンでも、装備を整えない状態でダンジョンに向かってしまうと全然歯が立たないですが、装備整えたり有利属性を意識するとちゃんとクリアできる絶妙な難易度になっています。しかし、装備間の強さの差が大きすぎて序盤にしか属性の恩恵が感じられませんでした。

ドット絵の姿がかわいらしく、姉妹のやり取りが楽しいキャラクターやダンジョンのボスとは話し合いやダンスなどで仲良くなってアイテムをもらう優しい世界観などが癒されます。

調合もノートを見れば調合の素材と出来るアイテムが書いてあり、親切でやり込み要素は少ないがストレスを感じずに遊ぶことが出来ます。

ゲームシステムや世界観が良いだけにボリューム不足が惜しいゲームでした。

目標金額を超えても、ゲームを続けられたらマシだったのですが強制クリアになってしまう上にダンジョンが進むと一度の探索で家賃以上稼げてしまうため、貯金を減らすのも難しいのでクリアしてしまいます。別エンディングがありそうな気配がしたのですが、強制クリアのせいで試せず残念でした。

1日程度でクリアしてしまったのですが、クリアするまでは楽しかったです。