×

日常の色々な事

開発の考えや映画やアニメなど、ごちゃごちゃしたものを書いてます。

オススメのアニメ紹介 SFアニメ キディ・グレイド

一般にアニメが受け入れられたのは最近のことで、最近アニメを見るようになった人は昔の面白いアニメを知る機会が少ないと思い、小学校の頃から社会人になるまでアニメにどっぷりの自分が面白かったと思うアニメを紹介していこうと思います。

今回紹介するのは秘密の諜報員が活躍するSFアニメ「キディ・グレイド」です。

 

 

U-NEXTで見れるので気になった方は見てください。

キディ・グレイド -イグニッション-(覚醒篇)を見に行く

キディ・グレイド -イグニッション-(氾濫篇)を見に行く

キディ・グレイド -イグニッション-(黎明篇)を見に行く

 

基本情報

原作 なし (メディアミックス)

長さ TV版:24話

   劇場版(総集編+新規カット):3話

あらすじ

ある機構の受付嬢エクレールリュミエールは、受付嬢の仕事の裏で特殊なエージェントとして指令を受け世界を守るために戦っていたが、いくつもの指令を解決するうちに各組織の思惑や陰謀に巻き込まれていくと言う話になっています。

オススメのバージョン

キディ・グレイドにはTVアニメバージョンと劇場版の2種類がありますが、劇場版を見ることをおすすめします。

キディ・グレイドは書籍やラジオなど色々な媒体の情報を集めないと全体像がつかめないので、TV版のアニメを見てた場合は序盤は分かるのですが、中盤から終盤に向けて話が飛んでいるような感じがしてついていけなくなります。

劇場版であれば新規カットや上映時間の制限もあるため、綺麗に話がまとめられておりキディ・グレイドの魅力をアニメだけでも感じることが出来ます。

オススメのバージョン

陽気でコミカルな演出が見ていて楽しい

主人公のエクレールが登場時に「ぢゃっぢゃ~ん。」と言ったり、必要がないのにメイド服を着て、ピザ配達を扮して敵のところに行ったりとエージェントものとは思えないほど陽気でコミカルな雰囲気で任務をクリアしていきます。

相棒のリュミエールから、そういったTPOに適していないところなどをたしなめられたりして、バランスややり取りが見ていて楽しいです。

戦闘機と戦闘がカッコいい

銀河の平和を守るエージェントなので、地表だけでなく宇宙でも戦闘があります。宇宙では戦闘機を使用しますが、この戦闘機がカッコいいです。各エージェントごとに機体に特徴があり、コクピットも個性的で見ていてすごいと思います。

その様なカッコいい機体同士が戦闘をするため、戦闘もかなりカッコいいです。

世界観が作り込まれていてストーリーを追うのが楽しい

キディ・グレイドはアニメだけでなく、小説やラジオ、漫画を全て見なければ全体像がつかめないほど、世界観が作り込まれています。
自分はこの頃は中学生だったので、そんなに買いそろえるお金もなく全体像がつかめずに見ていましたが、普通にアニメを見るだけでも、各キャラの過去回想などである程度情報を拾えて、ストーリーの奥深さを感じることが出来ます。

今はネットが発達したこともあり、wikiなどにもある程度書いてあるので一度アニメを見た後にwikiで世界観の補足をして、再度アニメを見ると2度おいしいのでお勧めです。

見た感想

良いバランスでSFが混ざったアニメだと思いました。SFの難しい話が苦手な人には、直感で動くエクレールをメインに見ることで、SFの難しい単語を理解できずとも楽しく見ることが出来るようにしてあり、SFの難しい話が好きな人には頭の良いリュミエールをメインに見ることでSFの設定を知れるようになっていました。

今のアニメと比べると画質やキャラデザに若干の古さを感じてしまいますが、主役の2人とメカに関しては今のアニメ以上の良いデザインだと感じます。

ストーリーも各組織の思惑や陰謀渦巻く話なのにも関わらず、小難しい話が少なく退屈にならないように工夫されていたり、SFの設定を生かして視聴者をだまそうとしたりと中々面白いです。

ちなみにTVアニメから7年後の2009年に続編(キディ・ガーランド)が作られたことからもわかるようにかなりの人気だったみたいです。

ジムでビンゴをやっていた

健康のためにアクトスと言うジムに通っていて、今日行ってみるとビンゴキャンペーンなるものをしていました。
来館時にビンゴカードに好きな数字を書き込んでホワイトボードに記載された数字を見て丸を付けていって、ビンゴになったら何かがもらえるキャンペーンだそうです。

運動のために言っているので、運動+ものがもらえるのでうれしい限りですが、かなり不思議で当初動揺してしまいました。

ジムは基本的に行く回数に関わらず一定期間でお金を払う形式になっているため、自分が多く行ったところでジム側にメリットは無く、逆に使用している機械が使えなくなるため、むしろ行けば行くほど邪魔になると思っていました。それなのに、このようなキャンペーンで「たくさん来てね」とジムから言われて、頭の中が「????」となっていました。

じっくり考えると運動に対しては目に見える変化が直ぐに出るわけではない上に頻繁にトレーニングしないと「ジムに行ったところで効果がなかった」「あのジムはダメだ」と効果が感じられずにジムの評価が下がるため、このようなキャンペーンで人を呼び込んで強制的にトレーニングをさせることで少しでも運動させてジムの評価を上げようとしているのかなと思いました。

自分は運動不足+ギリギリの負荷でやっているので毎度毎度の運動後に筋肉通がすさまじいので効果をかなり感じられていますが、筋肉痛が出ていることを良いことに数日行かないようにしていましたがキャンペーンがあるので極力毎日行こうかなと考えてしまうので、まんまと思惑にはまっている気がして面白いです。

エマの武器屋さんをクリアした感想

最近新しいゲームを何かやりたいと思って、色々探していると「エマの武器屋さん」と言うゲームを見つけました。

自分の好きなアトリエシリーズみたいなお店のアイテムを調合で作ったり、時間制限があったりして面白そうだなと思いセール中だったので購入してやってみました。

ゲームをクリアしたので、感想を書いていきます。

ゲームクリア画面

ゲームとしては、ダンジョンに潜ってアイテムを拾ってきて売ることで目標金額を稼ぐことを目標としています。

上の画像にもありますが、初見でゲーム内時間の四か月で終わっているのでボリュームがとても少ないです。さらにキャラ同士のイベントはプロローグとエピローグ、ダンジョンのクリア時にしかないため、イベントもボリュームが薄いです。

ゲームシステムとしては、アイテムとアイテムを掛け合わせて調合することで良い装備やアイテムを作ることが出来るので、調合したアイテムを売ることでお金稼ぎを優先するか装備に使うことでダンジョン探索を優先するかを判断する面白さもあります。

ダンジョンでも、装備を整えない状態でダンジョンに向かってしまうと全然歯が立たないですが、装備整えたり有利属性を意識するとちゃんとクリアできる絶妙な難易度になっています。しかし、装備間の強さの差が大きすぎて序盤にしか属性の恩恵が感じられませんでした。

ドット絵の姿がかわいらしく、姉妹のやり取りが楽しいキャラクターやダンジョンのボスとは話し合いやダンスなどで仲良くなってアイテムをもらう優しい世界観などが癒されます。

調合もノートを見れば調合の素材と出来るアイテムが書いてあり、親切でやり込み要素は少ないがストレスを感じずに遊ぶことが出来ます。

ゲームシステムや世界観が良いだけにボリューム不足が惜しいゲームでした。

目標金額を超えても、ゲームを続けられたらマシだったのですが強制クリアになってしまう上にダンジョンが進むと一度の探索で家賃以上稼げてしまうため、貯金を減らすのも難しいのでクリアしてしまいます。別エンディングがありそうな気配がしたのですが、強制クリアのせいで試せず残念でした。

1日程度でクリアしてしまったのですが、クリアするまでは楽しかったです。

ANNO: Mutationem アノー:ミューテーショネムをトロコンした感想とコツ

ANNO: Mutationemをクリア・トロコンしたので感想を書いていきます。

ゲームシステムや設定などは面白そうだったのですが、いざやってみると雑なゲームバランスと理解が難しくなるほど微妙な翻訳と絶妙にイラっと来る改行位置などで珍しくイマイチなゲームでした。

トロフィー取得率100%

良かったところ

サイバーパンク+都市伝説が融合した世界観が楽しい

人体が機械化する奇病や人体の機械化技術が発達した世界観なので、ゲームに登場するキャラクターの多くが機械化しています。他にもホバーする車が出たり、ホログラムが街の至る所にあったりとゴチャゴチャしたサイバーパンク感を味わえます。

また、大企業が機械化の病気の治療のために人をさらって人体実験する噂があったり、地下に変な生き物が住みついている噂があったりと都市伝説的な話があちこちで聞くことが出来て面白いです。

このサイバーパンクと都市伝説がうまくストーリーに絡まっていて、ストーリーを進めることで都市伝説や機械化に関する黒幕が解き明かされていき最後までクリアするとスッキリします。

街の様子

ドット絵で表現されたキャラや衣装がかわいい

主人公のアンや相棒のアヤネなどドット絵なのにも関わらずかわいいです。

動きも数種類あってイベント中の登場人物の感情をうまく表現できていて、イベントを見ているのが楽しいです。

他にも衣装もDLCなしで8着もあり、飽きないでゲームを続けることが出来ます。

アンの衣装

武器を3種しようしたシンプルな戦闘方法で戦いやすい

武器は細剣、双剣、大剣、銃、ミサイル、レーザーによってバトルのモーションや有効な敵が変わってきます。これらから自分に合った戦い方の武器を見つけることでバトルがより楽しくなります。

技も武器によって4~5個覚えるのですが、下を押しながら攻撃などシンプルなコマンドで繰り出せるので複雑なコマンドが苦手な人でも簡単に技を出せます。

横スクロールアクションであることも合わさってスピーディでスタイリッシュなバトルがやりやすくなっています。

悪かったところ

翻訳と改行が変

中国のゲーム会社が開発したらしく日本語の翻訳がイマイチです。よくよく読み込めばギリギリ意味が分かりますが、かなりストレスです。特に最後のSCP的なものの説明は半分ほど何が書いているかわからないです。改行も単語の途中で入ったりして読むのがストレスです。

戦闘バランスが雑

ストーリーが進むにつれて敵の火力の上がり方が凄くて、数発食らうとやられてしまいます。こちらも装備を整えたら攻撃力が上がるため、ある程度装備を整えることで敵を数発で倒すぐらい強くなってしまいます。基本的に火力勝負の世界で装備を整えないとクリアできないバランスになっています。

攻略のコツ

アイテムを多用する

最終的にアイテムは腐るほど余るので手榴弾でも回復でもドンドン使っていきます。特に標準手榴弾とジゴキシゲニンは大量に取れるので普通に使って問題ないです。

ジゴキシゲニンは即時回復ではなく、時間回復になるので使うた民具に注意です。

チップはクリティカルを重視する

武器のチップはクリティカル重視にした方が良いです。クリティカルと攻撃力上昇を比較したらクリティカルの方が2倍ぐらい高いです。

左:クリティカル上昇 右:攻撃力上昇

おやつと薬品を使用する

おやつと薬品を使用すると数秒間能力が向上します。どうしても勝てない場合は能力を上昇して戦うことで楽に戦えます。

全体的な感想

世界観もボリュームも戦闘システムも全て良いのにも関わらず、翻訳と改行によって文章が理解しにくくて、登場人物同士で会話が成立していないように感じるシーンが多くストレスでした。もしかすると翻訳はちゃんとできているけど日本と中国の文化的な違いで会話がイマイチ理解できなかったのかもしれないです。

 

竹-chuを使った感想

今までデレステ(スマホ音ゲー)をするときは、昔買った有線ヘッドホンを使用していました。

ついに、断線して音が出なくなり、竹-chuと言うイヤホンを買いましたのでその感想を書いていきます。

他の感想を書いている方と違って、自分は素人なので「音場」や「中音」など難しいことは書けないのですが何か参考になれば嬉しいです。

他のイヤホンについても感想をワイアレスイヤホンのWF-1000X M4を購入した感想骨伝導イヤホン Shokz OpenCommを使った感想と他のイヤホンとの比較に書いています。

 

イヤホンと同梱物

 

 

イヤホンで聞くもの

このイヤホンはデレステのために買ったので、ほとんどデレステ専用です。時たまにイヤホンを付け替えるのが面倒でそのままアニソンやJ POPも聞いてます。

 

選んだ基準

  • 独自性がある
  • 耳にフィットする
  • (それなりに)音が良い
  • 安い

何かのコラボでもないのに謎のキャラクターが書いているポップに目を奪われて、竹-CHUが選択肢に入りました。

実際に着けてみると着け心地がかなり良く耳にフィットしてました。さすがに、ヨドバシカメラデレステをやるわけには行かないので適当な音楽を流してみると音ゲーをするには十分よかったので購入しようとレジに持っていきました。

値札が書いてなくてちょっとビビリながらレジに持っていくと3960円だったのでびっくりです。さらに店員さんが持ってきた箱を見て全面にデカデカと何かのキャラが印刷されていて、箱の厳重さと値段あわせて三重ででびっくりしました。

 

同梱物の感想

  • 収納ポーチ
  • イヤーフック
  • 清泉 - Spring Tips(耳に入れるゴムのところ)×SMLの3種
  • イヤホン
  • 説明書
  • コミュニティへのお誘いの紙
  • 品質合格証

品質合格証とコミュニティへのお誘いは中国語?で書いてあるので最初は良く分かりませんでしたが、翻訳しながら見てみると内容が分かりました。説明書は英語で書いてあったので上の2つよりは何が書いているかわかりやすかったですが、一般的なものしか書いてませんでした。

箱は厚紙、収納ポーチはフェルト生地で作られていました。そこまで頑丈でもなければ、高級感もない印象です。

箱の上面に圧紙が挟まっており、厚紙に書かれたキャラの絵や装飾が目に入るためインパクトは抜群です。さらに、ポーチには水月雨のロゴが印字されておりオリジナリティがあったり、限られた値段で良さそうなものに見えるような工夫が至る所にあって個人的には好きです。

 

イヤホンの感想

つけ心地はかなりイイ

イヤホンの形とイヤーピースのおかげでつけ心地はかなりイイです。耳に圧迫感を感じたり、ゆるゆるになることもなくジャストフィットと言う感じです。

音ゲーしかしていないので長時間つけてはないですが、おそらく長時間つけても全然痛くならないと思います。

音の良さはワンランク上程度

3000円台のイヤホンだと考えれば、ワンランク上の良さでした。特に歌声が聞きやすいのでアニソンやJPopのような歌詞を聞きたい歌の場合は3000円台とは思えないぐらいの聞き心地でした。

歌声だけでなく、シンバルなどの音も拾ってしまうようで曲によっては背景でなっているはずのシンバルが聞こえすぎてうるさく感じてしまうかもしれません。

普段使っているイヤホンが2万円台のwf1000xm4なので、どうしてもそれに比べると物足りなく感じてしまいます。コスパ的には良いかもしれないですが音楽を聴く目的なら1段階上のアリアの方が良いかもしれません。

 

 

イヤホンに清泉 - Spring Tipsが装着されていなかったため、使いためには装着する必要があります。清泉 - Spring Tipsがちょうどのサイズなので中々つけられなくて、この装着作業がとても苦労しました。

イヤーフックは最初使ってみましたが、正直あっても特に使用感が良くなることはなく、むしろうまくかけられなくて邪魔でした。なので今は外しています。

音の遅延は無い

有線なので当然と言えば当然なのですが、音ゲーをするのに不自由するほどの音の遅延はありませんでした。

ハマったゲームはアトリエシリーズ。特に黄昏シリーズ

今週のお題「私がハマったゲームたち」は、アトリエシリーズです。

最近出たライザのアトリエやソフィーのアトリエのように〇〇のアトリエと言う名前がシリーズに多いため、アトリエシリーズと言われています。

1997年から2022年にかけて全部で30作品ほど出ている中で20作品をリアルタイムで終えているので、どれほどはまっていたかが分かると思います。

さらにオリジナル版だけでなく、リメイクやDLC全部入りのplus作品も購入&クリアしているため25個じゃ足りないぐらいアトリエをやっています。

 

アトリエシリーズで最初に触れた作品はイリスのアトリエ エターナルマナです。上で書いているように〇〇のアトリエと言う名前ではないので最初はアトリエシリーズだとは知りませんでしたが、既存のRPGにはないアイテムを合成して新しいアイテムを作成する合成システムや世界観にのめり込んでいきました。

この時は、これでもまだアトリエシリーズの魅力にふんわり触れた程度とは思いませんでした。

 

アトリエの深みにはまり込んだのはアーシャのアトリエでした。

このアーシャのアトリエはパッケージの綺麗さにひかれて購入しました。後から調べて見るとアトリエシリーズの存在を知りました。

 

アーシャのアトリエはマップ移動、調合、戦闘、イベントによりゲーム内時間が進み、一定期間内に目標をクリアできないとゲームオーバーになります。それにも関わらず敵が強くて武器・防具・道具の調合しないと先に進めない上に、イベントの前提条件をクリアするために遠出をしないといけないなど、ひたすら時間管理がシビヤで難しく楽しいです。

 

調合システムは同じ道具を作るにしても、色々な調合道具を経由することで強さと調合時間が変わります。このゲームは時間管理がシビヤなので調合をするときは最短時間で最大効率を目指すように頭をすごく使います。

 

DLCボスを倒すための道具を1つ作るために、午後9時から調合を初めて気が付いたら翌日の朝6時になって空が明るくなっていることもしばしばありました。結局、DLCボスを倒す戦略に合う武器・防具・道具を戦闘人数分用意するのに1週間かかりました。

その結果倒せなかったら、もう挑戦する時間はなくゲームオーバーになってしまうため、再度挑戦するためにはもう一度初めからクリアする必要があるので調合も真剣になります。

この調合システムと制限時間で難易度が爆上がりして、頭を使わないとクリアできないゲームシステムにはまりました。

 

ゲームの世界観も好きで、荒廃した世界で明るく強く生きるキャラが楽しかったです。パッケージの美麗さにひかれて買ったゲームがあそこまでハマるとは思いませんでした。

RPGと言えばFFのような王道のRPGしか知らない状態でしたが、アーシャのアトリエをやってRPGの概念がぶち壊されました。

こんなホンワカした雰囲気のゲームなのに中身はかなり頭を使う良い意味で見た目詐欺なゲームでした。

paiza特別お題キャンペーン「私がハマったゲームたち」

paiza×はてなブログ特別お題キャンペーン「私がハマったゲームたち」「ゲームでプログラミング力を試してみよう」
by paiza

Amazon music の 360 Reality Audio を聞いた感想

以前、イヤホンのWF-1000XM4の購入キャンペーンでサブスクの無料クーポンが届いたので使ってAmazon musicの360 Reality Audioを聞いてみました。
イヤホンの感想はワイアレスイヤホンのWF-1000X M4を購入した感想に書いてます。

イヤホン購入直後にDeezerを契約して360 Reality Audioも聞いてたので、それとの差を含めた感想を書いていきます。

基本的な360 Reality Audioの感想はDeezerでもAmazon musicでも同じなので360 Reality Audio認定イヤホンで360 Reality Audio対応楽曲を聞いてみた感想に書いているので見てください。

 

 

 

Deezerと比べて良かったところ

対応楽曲の検索がしやすい

Deezerアプリに比べて、対応楽曲の検索がしやすいです。Deezerアプリはアーティスト一覧が表示されて選択することしかできませんでしたが、Amazon musicは検索語に絞り込みをすることで360 Reality Audio対応楽曲を見ることが出来ます。

アプリが1つで済む

Deezerは、普通の楽曲を聞くDeezerアプリと360 Reality Audio用アプリの360 by Deezerの2つのアプリが必要でした。Amazon musicAmazon musicアプリだけでこと済みます。

360 Reality Audioと普通の楽曲を切り替える時にアプリの切り替えが無いことや無駄に容量を取らないのはとても助かります。

楽曲数が多い

Deezerと比べてAmazon musicは360 Reality Audio対応楽曲数が多いです。TM NETWORKGet Wildのような懐かしい曲からYOASOBIのもしも命が描けたらのような今月頭にリリースされた最新楽曲まで曲数も範囲も結構多いです。

Deezerと比べてイマイチなところ

個人最適が対応していない

Amazon musicはHeadphones Connectアプリを使った個人最適化に対応していないので、その分は劣ります。

聞き比べてみると一目瞭然です。

Amazon musicでも普通の曲に比べたら空間的な広がりを感じることが出来るのですが、個人最適化されたいる360 by Deezerでは空間的な広がりだけでなく、空気も感じることが出来ます。

Amazon Music Unlimitedに加入しないといけない

Amazon MusicにはAmazon music prime(アマプラ)とAmazon music unlimitedの2プランがあります。360 Reality Audioを聞くためには高い方のunlimitedの加入が必要のようです。

Deezerと比べてプランが間違えそうでイマイチです。

360 Reality Audio対応楽曲の検索方法

Windowsアプリやブラウザではできなかったのでスマホアプリで実施してください。

1.気になるキーワードを検索(下の画像の白い矢印)

2.フィルタリングボタンを押す(下の画像の赤い矢印)

3.360 Reality Audioを押す(下の画像の青い矢印)

Amazom music の画面(手順の1~3)

4.もっと見るを押すと全部出てくる(下の画像の緑の矢印)

Amazom music の画面(手順4)