×

日常の色々な事

開発の考えや映画やアニメなど、ごちゃごちゃしたものを書いてます。

2022年の期待している夏アニメ

前々から期待していたアニメがついに始まりました。

まだ、1~2話を見てみましたが初見の方が切ってしまいそうな雰囲気がありました。

と言うのも、尻上がりに面白くなる作品であったり、ファンサービス用に前日談から始めてしまって意味が分かりにくくなっている感じで作品だからです。

作品の成り立ちや内容的にも面白い作品を序盤の雰囲気で切ってしまうともったいないので。おすすめの見方や感想を紹介してみます。作品自体のあらすじは公式HPなどに書いているので省略します。

RWBY 氷雪帝国

RWBYは前からおすすめしているアニメです。元々は日本のアニメに影響を受けた海外の方が作成した3DCGアニメで、日本では吹き替えの3DCGアニメが映画とテレビで放送されていました。
その様な経緯から海外の学園コメディやトゥーンアニメのようなハチャメチャ感と日本のアニメのようなスタイリッシュな戦いや重厚で深みのストーリーが良い感じで共存できています。その時の記事はおすすめのアニメ映画と良いアニメ映画の見極め方に書いています。

RWBY 氷雪帝国はRWBYを元にして2Dアニメーションにして作り直した作品のようです。RWBYに比べてギャグパートでの動きのハチャメチャ感は減っていますがキャラの表情が豊かに細かく表現されています。

RWBY 氷雪帝国 を見に行く  

この作品を楽しめる人

変形機構のある武器が好きな人

キャラが使用する武器は近距離携帯と遠距離携帯が切り替えられるものが多く戦闘中にもガションガションと切り替えて戦っています。他にも銃を仕込んである杖であったり、カバン型の武器だったりとロマン武器が沢山出てきます。

例えば主人公のルビーは銃と鎌に変形する武器を持ち、高速移動する特殊能力を持っています。ルビーのチームメイトのワイスは武器に込めるカートリッジによって色々な魔法を使いことで戦闘しています。このように設定だけでも面白いですがアニメーションで見るともっと面白いです。

学園コメディが好きな人

氷雪帝国はRWBYを元にしているはずなので、学園での話になるはずです。学園ではルビーがチームメンバーと仲良くなるために頑張ったり、ピュラとジョーンとワイスがラブコメをしたりと日常系のような楽しみ方が出来ると思います。

他にも学園のイベントで楽しんだり、楽しみすぎて羽目を外して先生に怒られたりと面白いシーンの宝庫です。個人的には食堂でのパーティイベントが好きなので氷雪帝国でもあると良いなと思っています。

スピード感のあるバトルが好きな人

化け物と戦うハンターを育成する学園での話なのでバトルシーンもあります。RWBYの世界では魔法も機械も特殊能力もあるので、それらを駆使したバトルシーンはスピード感がありつつ派手でとても楽しいものになります。

オススメの見方

初見の方は1話のBパート(町に来たところ)から見始めるのをおすすめします。1話のAパートはチームRWBYが学園に来る前の前日談になるため、4人の視点が切り替わってわかりにくいです。魔法も科学もある欲張りな世界観のせいでブレイクとワイスの過去が別世界かと見間違うような感じになっています。

全話みてから1話のAパートを見ると「そういうことだったのか?!」と思えて楽しいと思います。

専門用語も結構出ているのでわからなければ公式HPを見てみるのも良いかもしれないです。その時に間違えてRWBYの公式HPやRWBYwikiを見てしまうとネタバレまんさいなのでRWBY 氷雪帝国のHPを見るように気を付けてください。

感想

1話はチームRWBYが学園に来る前の前日談から始まりました。これは映画になかったところで、キャラの口から簡単にしか語られなかったところなのでファンサービス的にうれしかったです。

3DCGから2Dアニメーションになったせいで海外のカートゥーンアニメのようなギャグパートでの緩急のある動きがなくなってちょっと寂しくなりました。一方で戦闘シーンは大一番でかなり派手に動いており逆に2Dアニメーションよりも迫力が増したように感じます。

キャラについては最初「誰?!」と驚きましたが、3DCGでは難しい繊細なキャラの表情やかわいく感じる造形などが表現されていて見ている内にキャラが魅力的に感じるようになりました。

惑星のさみだれ

漫画が原作のアニメです。この漫画や同じ作者の他漫画の戦国妖狐や他アニメのプラネットウィズが面白かったのでアニメ化しても面白そうと期待しています。

最初から最後まで主人公の成長に焦点を当てていて尻上がり的に面白くなっています。序盤の主人公は暗くてひねくれているため、その様子を見るのはつまらないですが、主人公が敵と戦っている覚悟を決めてから登場キャラクターが増えて楽しくなってきます。

惑星のさみだれ を見に行く

この作品を楽しめる人

主人公が成長する話が好きな人

魔法使いの戦いに巻き込まれたことで否応なしに他人と関りを強要されることで、主人公は過去のトラウマを乗り越えたり、理想となる大人に出会うことで成長して、子供と仲間になることで自身も大人として振舞うような成長を見ることが出来ます。

熱い展開が好きな人

戦国妖狐やプラネットウィズでもそうでしたが、熱い展開がたくさん出てきます。大人に守ってもらった経験から、今度は自分たちがヒーローになって子供を守ろうとしたり、トラウマを乗り越えるために涙を流しながら願いを伝えるシーンなどお気に入りです。

カッコいい大人が好きな人

話が成長物語なので、目標にする大人がカッコいいです。それも複数人の大人が出てくるので、それぞれ違ったカッコ良さがあります。特に好きなセリフは「大人が笑うのは、大人は楽しいと子供に羨ましがらせるため。人生は希望に満ちていると教えるため」です。

オススメの見方

最初はつまらないですが、頑張って主人公がトラウマを克服するシーンまで見てみてください。まだ、放送されていないので何話かはわからないですが4話以内にあると思います。

そこからキャラクターがドンドン増えていきます。その中でカッコ良い大人を通じてドンドン楽しくなっていくはずです。

感想

1話はつまらなかったです。漫画ではさらっと読めるギャグシーンもアニメになると冗長に思えたり、話の流れ的にも盛り上がるところはないので後々面白くなることを知らなかったら切ってたかもと思いました。

漫画原作のアニメあるあるなのですが、声のイメージも違ったところも含めてトラウマを克服するシーン如何では見るのをやめるかもしれないです。

うたわれるもの 二人の白皇

ゲームが原作のアニメです。うたわれるものシリーズの3作目です。前作の続きになるので、今作から見るのはおすすめしません。主人公の声優が変わったことなど色々あってアニメ化できるのかが不安視されていましたが、アニメを見る感じ違和感はそこまでありませんでした。ゲームで内容を知っていてもアニメで見るとまた違った面白さがあります。

  うたわれるもの 二人の白皇 を見に行く

この作品を楽しめる人

うたわれるものが好きな人

今作ではヤマト勢の他にもトゥスクル勢も出てくるので、子守唄が好きな人も成長したトゥスクル勢を見ることが出来たり最後にどうなったかを知ることが出来るので見る価値ありです。

戦国物が好きな人

前作に比べて話の内容が国と国の戦いが主になります。アニメではどうなるかわからないですが、他の国に支援をお願いしたり同盟を結んだりと国同士のやり取りが増える印象です。

特に孤立した主人公側についた各国の姫の活躍を見ることが出来ます。

オススメの見方

うたわれるもの 偽りの仮面のアニメを見てから見てください。今作の初めに簡単なおさらいがありますが、話を知っている前提のおさらいなので今作から見ても訳が分からないです。

アニメを見る時間がないと言う人は無料でゲームのイベントのみを集めたアプリが公式より出ているので、それを見てから見てください。

うたわれるもの 偽りの仮面 を見に行く

感想

前作が凄いところで終わったので、待望の今作でした。話のテンポが良く、絵も良いので高い期待をそのままかなえてもらった感じです。特にキャラクターのデザインが良く、アトゥイがさらに可愛くなっていたので、見ていてうれしくなりました。

前作とは違い団体と団体による戦いになってきましたが、キャラクターに注視したシーンと全体から俯瞰したシーンを織り交ぜることで戦いも見ていて楽しかったです。

ゲームと違い鬱々とした雰囲気がそこまで重くならないのも良かったです。