×

日常の色々な事

開発の考えや映画やアニメなど、ごちゃごちゃしたものを書いてます。

【ネタバレなし】アニメ映画 ARIA The BENEDIZIONEの感想

2021年12月3日に封切されたARIA The BENEDIZIONEを見てきました。

TVでやっていた1期からずっと見続けてきましたが、ずっと変わらない雰囲気のアニメで癒されました。1期から16年とあまりにも長くの期間がたっているので話が思いだせませんでしたが、映画を見ると徐々に思いだしてきて懐かしい気持ちになって驚きました。

封切して直ぐなので公式HPにある以上のネタバレなしで感想や本作の立ち位置などを書いていきます。

ネタバレありの感想はこちらに書いています。

【ネタバレあり】アニメ映画 ARIA The BENEDIZIONEの感想 - 日常の色々な事

f:id:mink0212:20211203224827j:plain
f:id:mink0212:20211203224747j:plain

f:id:mink0212:20211203224629j:plain



 

本作の立ち位置

ARIAのアニメの歴史は公式ホームページのSeriesに書いてあります。

詳細はそちらを見てほしいのですが、簡単に書くとこうなっています。

本作は姫屋のお話で過去の藍華と晃のお話や姫屋に対する藍華の気持ちなどが描かれています。

名前 内容 媒体
ARIA The ANIMATION

ウンディーネ(ゴンドラを漕ぎながらの観光案内員)見習いである灯里が中心のアニメです。仲良しで見習い仲間の藍華・アリスや先輩、都市の人との交流を通じて一人前を目指します。

TV
ARIA The NATUAL
ARIA The ORIGINATION
ARIA The AVVENIRE

ウンディーネになった灯里の元に入った後輩のアイの視点で進むアニメです。

多忙で藍華・アリスと会うことが出来ない灯里に対してアイ・あずさ・アーニャの3人は灯里・藍華・アリスの3人を会えるように動くお話です。

映画
ARIA The CREPUSCOLO

ウンディーネになったアリスの元に入った後輩のアーニャの視点で進むアニメです。

アリスの先輩のアテナへ会おうとしないアリスに対してアイ・あずさ・アーニャが頑張って仲直りをさせようと動くお話です。

ARIA The BENEDIZIONE(本作)

ウンディーネになった藍華の元に入った後輩のあずさの視点で進むアニメです。

姫屋の創業時から大切に乗り継がれてきたゴンドラを受け継がない藍華に対してアイ・あずさ・アーニャが理由を探すお話です。

 

どこまで見てから映画を見るべき?

理想は全て見てから本作を見ると楽しめると思いますが、TVシリーズ×3+映画シリーズ×2とすべて見ると映画が終わるまで見切れないと思うためそこまで頑張る必要はないです。

次点ではARIA The ANIMATIONTVシリーズの1期)とARIA The AVVENIRE(映画シリーズの1作目)の2つを見ることをおすすめします。ARIA The ANIMATIONでメインの登場人物のことを知り、ARIA The AVVENIREで成長したメインの登場人物と後輩組のことを知れるのでこの2作をおすすめします。

それでも時間がないという方は、公式のホームページのストーリーとキャラクターを見てください。ざっくりとわかります。時間があれば本作だけでなく過去作の公式ホームページのストーリーも見てください。

映画本編の感想

雰囲気に癒された

一言で言うと癒されました。

流行りのアニメ映画に比べると絵の派手さや音の迫力などは控えめですが、うっすらと霞がかったような幻想的な絵と緩やかで透明感のある音楽がアリアの世界観や雰囲気に深い癒しを与えてくれてます。

テレビシリーズでも十二分に癒しを感じられましたが、ゆったりと映画を見る以外のことをしない映画館での体験は贅沢な時間の使い方に感じました。

姫屋のメンバーがカッコいい

姫屋のお話がメインなので過去の回想で晃と藍華、愛麗がたくさん出てきます。特に晃と愛麗が藍華に対して抱く思いとやり取りがカッコいいです。

晃と藍華の生き方などは自信満々な態度からは想像もできないものでした。

思い出ボム

過去の回想が出てくるので今までのシリーズを見てきた人にとっては懐かしい気持ちになります。さらにエンディングでは今までのシリーズの絵が使われていたので最後まで懐かしい気持ちで終わります。

感想

ゆっくりとした時間を映画館で過ごすことができました。映画に癒されている間に終わったので体感時間は数分に感じるほど不思議な体験でした。見終わった後は清々しくもしっとりと落ち着いた気持ちになっていました。

アリア社長とアハ体験の感想

映画が始まる前のミニゲームです。タイトルの通りアハ体験をします。絵が徐々に変化していくので変化した場所を見つけるミニゲームです。

30秒ほどで絵が変化します。その後に変化前と変化後の絵を横に並べて数秒表示されます。ちなみに答えは教えてもらえません。おそらく5週目のネタバレする編で答えを教えてもらえるのかなと思います。

映画館のスクリーンはテレビと違い細かい部分まで目が届かないので超絶難しくて1個しかわかりませんでした。

公開記念 スペシャルキャンペーン in 「ARIA.C」

f:id:mink0212:20211203224707j:image

キャンペーンの場所

川崎のラ チッタデッラの飲食店でやっているARIAの映画半券のキャンペーンです。お店はチネチッタの映画館の入り口の向かい側にあるイタリアンレストランになります。

映画館に近くてケーキとコーヒーが美味しいので映画の前後に時間があるときは一休みしたり、パスタやピザもあるのでランチなどにおすすめです。

ちなみにかながわペイ実施店なのでなかがわペイで払うと20%のポイント還元があります。やり方がわからない方は以前作成したものを参考にしてください。

かながわペイの出来ることと使用前の準備方法 - 日常の色々な事

キャンペーンの内容

店の入り口近くに等身大パネルとポスターの展示があったり、レジで半券を見せるとカードサイズのステッカーがもらえます。(無くなり次第終了)

一般的な半券サービスと違い割引は無いので注意です。

感想

f:id:mink0212:20211203224723j:image

イタリア野菜のペペロンチーノとモンブランブレンドコーヒーを頼みましたが美味しかったです。

イタリア野菜のペペロンチーノは野菜がかなり多めにあり強い食感とスパゲッティのモチモチ感がアクセントになって次々と食べられました。味もほんのちょっぴり辛さを感じる程度でオイルの美味しさを感じられました。

モンブランも美味しかったです。スポンジ3のクリーム7ぐらいの割合で栗の味がかなり感じられて美味しかったです。ブレンドコーヒーと一緒に食べると甘さと苦さがちょうどよくゆったりとすごくことができました。