×

日常の色々な事

開発の考えや映画やアニメなど、ごちゃごちゃしたものを書いてます。

聖剣伝説 エコーズ オブ マナ 最強へ続く道のボス攻略のコツと感想

聖剣伝説 エコーズ オブ マナが2022年4月27日(水)にリリースされました。

リリースされて初めてのイベント[最強へ続く道]が開始されましたが、リリースされて3日後から開始されたイベントと言うこともありキャラが育ていなくて難易度が高いです。特にマルチは高難易度と言うこともあり推奨戦力に達していても戦い方を見するとやられてしまいます。戦い方を工夫することで推奨戦力が500足りなくても勝てるので紹介します。

さらに戦力5,000までは簡単に上げられますが、それ以上にするためには手段が限られるのでおすすめの育て方も紹介します。

 

イベント概要

イベントは大きく分けて、ストーリークエストと周回クエストの2つに分かれます。

ソロ用のクエストはストーリー、クエスト、ボスバトルの3種類があります。マルチ用のクエストはボスバトルだけになります。
マルチ用のバトルはハードとベリーハードの2種類で、それぞれで取れる報酬が異なります。

結構多めにEPが取得出来るので、そこまで周回をする必要はありませんのでのんびり攻略することが出来ます。

 

イベント一覧

No エスト種類 エスト名 推奨戦闘力
1 ストーリー ソロ プロローグ -
2 ストーリー ソロ 開幕! フォルセナ武闘大会! その1 -
3 クエス ソロ 開幕! フォルセナ武闘大会! その2 1,200×3
4 クエス ソロ 開幕! フォルセナ武闘大会! その3 1,200×3
5 ストーリー ソロ 戦う理由 その1 -
6 クエス ソロ 戦う理由 その2 1,240×3
7 クエス ソロ 戦う理由 その3 1,260×3
8 ストーリー ソロ 剣、想い乗せて その1 -
9 クエス ソロ 剣、想い乗せて その2 1,280×3
10 クエス ソロ 剣、想い乗せて その3 1,300×3
11 ストーリー ソロ 白熱の舞台 その1 -
12 クエス ソロ 白熱の舞台 その2 1,320×3
13 クエス ソロ 白熱の舞台 その3 1,340×3
14 ストーリー ソロ 激戦の終幕 その1 -
15 ボスバトル ソロ 激戦の終幕 その2 1,500×3
16 ストーリー ソロ 道は続く -
17 ボスバトル ソロ 白熱の舞台(Normal) 2,500×3
18 ボスバトル マルチ 白熱の舞台(Hard) 4,000×3
19 ボスバトル マルチ 白熱の舞台(VeryHard) 6,000×3

 

イベント攻略のコツ

エス

エストは、ステージにいる雑魚を倒しながらゴールの目指して、ゴールステージの雑魚を倒すことでクリアできます。

エストは推奨戦闘力が1,000台ですので比較的簡単にクリアすることが出来ると思います。

クリアできないときはステージ開始時にステージ内を走り回り敵を一か所にまとめてから魔法・技や必殺技を使うことで同じ攻撃でも効果的にダメージを与えられます。

ボスバトル(Normal)

ガーディアンと戦います。推奨戦闘力は2,500と若干高めになっていますが、相手の動きをよく見ていれば勝てます。

敵の攻撃時に攻撃範囲の床が赤くなるので外へ逃げて、敵の攻撃後に再び近づいてダメージを加えるのを繰り返して倒します。この時は上下にかわす方がやりやすいです。

大体2回攻撃したら、敵の攻撃モーションが入るので2回攻撃後にステップで後ろに逃げて、再び近づいて攻撃の流れで勝てます。

ボスバトル(Hard)

こちらのボスもガーディアンになります。推奨戦闘力は4,000と高めになっていますが、こちらも相手の動きをよく見ていれば勝てます。
5,000ぐらいまでは容易に戦闘力が上がるので若干戦闘力が足りなくても仲間に頼って勝てる可能性が高いです。

基本はNormalと同じですが、マルチなので気を付けるところが変わります。

ターゲット対象は仲間の方に逃げない。それ以外の味方は敵を攻撃する。

ボスから攻撃対象にされたら仲間の方に逃げないようにしてください。ボスが攻撃対象に向かっている時間は他のキャラは自由に動くことが出来ます。このタイミングでは無防備なボスを後ろから猛攻撃できます。

ボスを左右から挟むようにポジション取りをする

ボスの前面への攻撃中は背面がフリーになります。素早く攻撃に移るためにボスの左右に挟んでポジション取りをする方が便利です。その他にも、ボスの攻撃は攻撃範囲内に入る可能性が下がるので極力敵を挟んで左右にポジション取りをするのをおすすめします。

2回目の特大精霊魔法は敵のチャージまで待つ

敵のチャージ攻撃はかなり強力で、レベルが推奨以上でも即死してしまうことが多いです。敵のチャージ攻撃をキャンセルするためには敵のチャージ中に一定の攻撃を加える必要があります。

1回目の特大精霊魔法はたまった瞬間に使用したら、敵のチャージまでに2回目の特大精霊魔法がチャージできるため2回目の特大精霊魔法は撃たないで待ちます。

敵が暴走とハンマー振り回しに注意

敵が暴走したら無理に攻撃せずに逃げます。暴走攻撃は下手をするとピヨってしまいます。さらに、暴走攻撃後はハンマー振り回し、チャージ攻撃と続くのでピヨってしまうと致命的です。

ハンマー振り回し攻撃もピヨってしまうので、敵が暴走したら極力敵に当たらないようにステップで逃げて、チャージまで近づかない方が賢明です。

ボスバトル(Very Hard)

こちらのボスもガーディアンになります。推奨戦闘力は6,000と高めになっていますが、こちらも相手の動きをよく見ていれば勝てます。

このレベルになると重課金者以外は低レベルの人をフォローしながら戦うことが難しくなってくるので少なくとも5,500以上になってからをおすすめします。

基本はHardと同じですが、敵の攻撃が増えているので気を付ける立ち回りを覚えるほうが良いです。

序盤の岩落としに注意

ボスの前面への長い攻撃範囲を持つ衝撃波を撃った瞬間に味方全員の場所に岩が落ちてきてダメージを受けます。基本的にキャラのいる場所に落ちてくるだけですが、他の仲間のいた場所に自分が逃げてしまい食らってしまうこともあるので注意です。

バトル開始時に高頻度で撃ってくるのでバフやデバフはこの岩を躱してからにしましょう。

魔法攻撃は仲間の方に逃げない。ターゲット外の仲間はひたすら攻撃する

連続魔法攻撃は逃げ回るキャラを追従して魔法範囲が移動してきます。初見では魔法の有効範囲がつかめずにステージを広々と使って逃げてしまい仲間にダメージを与えることも良くあります。この時はボスは無防備なので絶好の攻撃チャンスになるので仲間の方に逃げないように注意してください。

体感ですが、ステージの上下を使って縦長の長方形の形に逃げることで魔法で見にくくならない上に仲間に迷惑をかげずに逃げることが出来ます。

チャージ攻撃を受けるキャラを用意する。

Very Hardになるとチャージをキャンセルするのが難しいです。推奨レベルギリギリではチャージをキャンセルできないので防御力の高いキャラや死んでも良いキャラにチェンジしてメインのキャラを守るようにしてください。

キャラの戦闘力上げのコツ

マナボードを開放する

各精霊の銅貨、銀貨、金貨を使ってキャラのパラメータを上げることが出来ます。キャラを重ねていない状態だとレベル7まで開放することが出来ます。レベル7まで開放すると約4,000程度の戦闘力になります。

銅貨、銀貨、金貨がないときはクエスト -> 育成 -> 素材ダンジョン からいける〇〇の精霊祭壇から入手できます。

装備を強化する

装備にもレア度が1~5まであります。装備はメインのクエストや装備ダンジョンから入手することが出来ます。メインクエストのベリーハードではレア度4の装備が頻繁に落ちるのでベリーハードが行ける方はまずはメインクエストから装備を整えることをおすすめします。装備ダンジョンではレア度3~5の装備がでますが、高レアは出にくいので安定して回せるようになってから装備ダンジョンに挑むほうが良いです。

装備も強化することをおすすめします。レア度4、レベル16の装備で固めると戦闘力が大体1,000ぐらいアップします。

モリージェムを強化する

モリージェムにもレア度があります。これはガチャとクエストの報酬で手に入れることが出来ます。メモリージェムは強化しないとアシストスキル以外のうまみはないですが、強化すると戦闘力が結構強化されます。

レア度4のレベル40のメモリージェムは戦闘力1,000ぐらいアップします。

1キャラを集中して強化する

マルチのクエストでは最低限1キャラが育っていれば戦えるため、複数のキャラを育てている余裕がない現状では、1キャラを集中して育てます。

1キャラを集中して育てるとソロのクエストが難しくなっていきますが、1キャラを育てる -> マルチの装備ダンジョンでレア度高い武器を取得 -> 他のキャラの装備強化の順で他の育てていないキャラに下駄を履かせることで効率的に育てられます。

感想

5月中までイベントがあるので徐々に育ててからイベントに参加してほしいと意図を感じますが、イベント前に育成キャンペーンなどを入れ込んでほしかった気がします。

マルチプレイではちゃんと立ち回る人と一緒の時は結構楽しく出来るのですが、特大精霊魔法がたまったら速攻使ったり、戦闘力が2,000以上足りないのに入ってくる人がいて若干イラっとしました。

おそらくソロの推定戦闘力と同じノリで足りなくても大丈夫だと思って参加したら、立ち回りが分からなかったりして周りに迷惑をかけたパターンだと思います。それもそのはずで、推奨レベルや戦い方が書いているサイトもなく結構つらい環境になっていました。

このコツを見てもらって少しでも参考になれば幸いです。