×

日常の色々な事

開発の考えや映画やアニメなど、ごちゃごちゃしたものを書いてます。

アイドルマスタースターリットシーズンの攻略のコツと感想

アイドルマスタースターリットシーズンが6月まで来たので現時点の感想と攻略のコツを書いていきます。月ごとのメンバーやライブごとの詳しいコツは別ページ「アイドルマスタースターリットシーズンの月ごとの攻略のコツ - 日常の色々な事」に書きました。

本編やDLCの攻略のコツ

アイドルマスタースターリットシーズンの月ごとの攻略のコツ - 日常の色々な事

アイドルマスタースターリットシーズンの第一弾DLCの攻略のコツ - 日常の色々な事

アイドルマスタースターリットシーズン ルミナス・アズールの感想と攻略のコツ - 日常の色々な事

アイドルマスタースターリットシーズン ルミナス・ルーフスの感想と攻略のコツ - 日常の色々な事

アイドルマスタースターリットシーズン スターリットレインボーの感想と攻略のコツ - 日常の色々な事

当初は買う気はなかったのですが、色々あって買うことになり遊んでみるととても面白いです。キャラの紹介や深堀を結構時間をかけてやっていてシンデレラガールズ以外の知識が全然ない自分でも楽しくゲームできました。さらにアプリゲームよりもグレードアップしたライブや別事務所の歌を歌うアイドルが見れてかなり満足です。

 

自分が持っているアイドルマスターの事前知識

自分はアイドルマスター系のゲームはアイドルマスター  シンデレラガールズ  スターライトステージとアイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューションをやってます。他は何もしていないのでアイドルマスターシリーズでプロデュース要素のあるのは初のコンシューマーゲームです。

アニメは下のシリーズを見ました。

自分のアイドルマスターの知識はシンデレラを知っているぐらいで、アイドルマスターとSideMとミリオンはホンワカわかっている程度でシャイニーカラーズは一切わかりません。

 

作中のプロデューサーの立ち位置

作中のプロデューサーは765プロのプロデューサーで海外研修から日本に帰ってきて複数事務所合同のアイドルグループの担当プロデューサーになりました。

アイドルマスターの初期メンバーは以前プロデュースしたことがあり、ミリオン組も含めて他のアイドルとは初対面の状態でアイドルユニット選抜「スターリットシーズン」を勝ち抜き『スターリットドーム』でのライブを成功させることも目的にプロデュースします。

ゲームの序盤(紹介とチュートリアル)

ゲームの流れ

合同グループのプロデュースの話を受けた後に、アイドルマスターの初期メンバーと会話をします。キャラの初回登場時に名前が出るので初見の人も安心です。

次はミリオンのメンバーと顔合わせです。ミリオン組からは最初に簡単なプロフィールカードを見せてもらってから各メンバーと会話をします。それぞれとの顔合わせ後に一名選んでもう少し詳しく会話ができます。

次はシンデレラのメンバーと顔合わせです。シンデレラ組は最初に短いライブMVを見た後にプロフィールカードの確認と会話になります。

次はシャイニーカラーズのメンバーと顔合わせです。こちらはプロフィールカードと会話後に短いライブMVがあります。

最後にオリキャラの加入の話です。この時にミリオンの短いMVを見て加入します。

感想

プロフィールカードにはお決まりの身体データや年齢などに加えて推薦者(事務員や社長など)からキャラの説明が推薦理由として書かれているのでプロフィールカードと顔合わせの会話でアイドルのことがうっすらとわかりました。

シンデレラ組のカードには「永遠の17才」とか「???」とか書かれてたのに対して、他の事務所は真面目な数字が書いてあって驚きました。シンデレラの中でもマシな部類の人選なのにも関わらず、ひたすら個性的だと言われていてヘレンさんとかノアさんを見たらどうなるんだろうと面白い気持ちになりました。

デレステをやっていたので人数が少ないかなと思っていましたが、一人一人と会話をしていくので今の人数でも満足しました。まだ途中なのですがジワジワとアイドルの深堀がされているので最後までやると結構な深堀が出来るのではないかなと思っています。

プロデュース開始

ゲームの流れ

仕事とアイドルのコミュニケーションで一日が構成されており、仕事はレッスン・営業・ミニライブ・ライブがあり仕事を通じてキャラの能力がアップしたりファンを増やしたりできます。それぞれ曜日によってできる仕事が決まっており一週間サイクルで繰り返します。

一か月の最後に大きなライブがあり、指定のファン数をクリアできていなければゲームオーバーになります。ゲームオーバーになっても週ごとに過去に遡ってやり直せるのでゲームオーバー後初めからにはならないので安心して進められます。

ライブでは新規衣装(とたまに新規楽曲)が入手できます。

全体の感想

最初の方はアイドルのスキルが限定されていることもあって、色々なアイドルを育てていたらゲームオーバーになってしまうのは微妙でした。そのせいでミニライブの曲も限定されて基本的に同じ曲でのライブが続いてもやもやしました。

月ごとに各事務所がメインの話となっているため、あまり知らない組のことも分かるようになっていたり、違う事務所のアイドル同士が会うことで奇妙な関係になっていて面白かったです。さらにスキルボードでアイドルのスキルを選択できるところやライブシーンが綺麗で楽しめました。

プロデュース(4月)

4月の概要

ミリオン組メイン回になります。各事務所から集められたのでギクシャクしているアイドルたちをミリオン組が仲良くなるための策を考えチームとしてまとめます。

4月の感想

未来の周りを引っ張る力は強いが頭が足りないところを静香がフォローして段取りを取るところなどが発揮されていてうまく関係性を表していると思いました。

さらに春香が先輩らしくミリオン組のことを見守り影でこっそり援護をしたりして初期組とミリオン組の関係性も垣間見える良いストーリーでした。

プロデュース(5月)

5月の概要

シンデレラ組メイン回になります。新曲が間に合わないため、「お願いシンデレラ」でライブをすることになり、シンデレラ組が中心となってライブを行います。

5月の感想

蘭子の言葉が理解できないと悩んだ真面目なアイドルが蘭子とたくさん話すことで理解したいと伝えられて動揺したり、美香をいじる人がいないのでカリスマを全力で発揮しているところが面白かったです。

攻略のコツ

何も考えずにやっているとライブが全然成功しないので4月末のライブでファン数が足りずにゲームオーバーになってしまいました。

そういう人に向けて気を付けた方が良いポイントを書いていきます。このポイントを守っていれば6月ぐらいまでは余裕でクリアできます。

月末のライブに出るアイドルは集中してレッスンする

月末のライブに出るアイドルを月初めに決めてしまいます。その決めたアイドルをひたすらレッスンすることで週末と月末のライブを成功させます。

月末のライブに出るアイドルの親愛度を優先してあげる

午後のコミュは月末のライブに出るアイドルを優先します。コミュをクリアすることでスキルボードを解放するのに必要なポイントやライブ中の思い出アピールの回数が増えていきます。どちらも優秀なので出来るだけ現時点で出来る最大まで上げることがおすすめです。パーフェクトは一回で親愛度がレベルアップするので出来るならパーフェクトを狙ってください。

ライブ中は基本的にセンターのアイドルの輪を見る

輪の広がるペースはみんな同じなのでセンターのアイドルを見てタイミングをつかみ、押すボタンだけ変えるようにするとタイミングがずれることが少なくなります。ノリは手拍子の感覚でやるとより押しやすいです。

序盤は他を見る余裕がないため2~3回ボタンを押したら次のボタンに移って2~3回ボタンを押すを繰り返して、余裕がでればちょっと視線をずらしてテンションの高いアイドルのボタンを押すようにしてください。

月ごとのメンバーやライブごとのコツ

予想したより多くの人が攻略情報を求めているようなので、各月の歌唱メンバーやライブのコツ、おすすめのアイドルなどを下に書きました。

mink0212.hatenablog.com

ライブとフォトモードの感想

フォトモードがものすごい楽しいです。事前にいくつか標準で設定が入っているのでモードを切り替えるだけで全く違う絵になったり、いろんなフレームや設定がいっぱいあるので自分で組んでかなり楽しめます。フォトモードだけでも数時間が立ってしまうほど楽しいです。

f:id:mink0212:20211016214256p:plain

プリセットがコミックでフレームが標準の設定

左の画像は設定を色々いじった画像でぱっと見で暗くて怖い雰囲気の曲かな?と思うのですが、フォトモードを解除して直ぐの右の画像を見てわかるように明るく朗らかな曲です。このように全く違う雰囲気にできるのでとても楽しいです。

f:id:mink0212:20211016214342p:plain
f:id:mink0212:20211016214408p:plain
左がフォトの設定を色々いじって、右は標準

 

普通にライブを見るのもかなり綺麗なライブで感動しました。レイトレに対応しているので、その光の加減をすごく描画しているので見入ってしまいます。
下の画像はレイトレの有無を比べたものになりますが、左のレイトレありだと床に反射した人の影や光源の解像度などが違います。

f:id:mink0212:20211016213819p:plain
f:id:mink0212:20211016213821p:plain
左レイトレあり。右レイトレなし

歌自体に対しても歌い分けのある歌で他の事務所のアイドルがシンデレラの楽曲を歌ったり逆にシンデレラのアイドルが他の事務所の楽曲を歌ったりするのはうれしくなりました。