×

日常の色々な事

開発の考えや映画やアニメなど、ごちゃごちゃしたものを書いてます。

ブルーリフレクション帝 体験版の楽しみ方(ブルリフをやったことがない人向け)

昨日のTGSの放送でブルーリフレクションの動画の時にブルリフをやったことがない人がいたみたいなので、そういった人向けにブルーリフレクション帝の紹介をしていきます。体験版をしただけなので、製品版では違う可能性があります。

 

 

 

 

前提

前作やアニメを見ている必要はあるのか?

前作やアニメを見ている必要は特にないです。

今作ではキャラの記憶を取り戻す過程で、キャラの過去やこれまでの経緯が描かれています。そのため前作やアニメの内容がそれぞれの主人公視点で描かれるので前作やアニメの重要なところが理解できるので前作やアニメを見ている必要はないです。

体験版のストーリー体験パートがアニメの主人公が合流する話になっていましたので、それをやるとキャラの過去の描かれ方が体験できると思います。

もちろん前作やアニメを見ている場合はより深く楽しめると思います。

戦闘は難しいか?

戦闘としては難しくないです。体験版では十二分にレベルが保証されている状態で始まるので体験版の戦闘は簡単です。どうしても勝てない場合はHP回復のスキルを持っているキャラがいるので、そのキャラを回復専用にすると負けないです。

戦闘がしたくない場合はダンジョン内で×ボタンを押すことで敵の監視範囲が見えるのでステルスで進むこともできます。

体験版の楽しみ方

体験版はプロローグパートとストーリー体験パートの2つができます。プロローグパートはストーリーの始まりからチュートリアルまでを体験できます。ストーリー体験パートは中盤あたりから始まり2~3個ぐらいのイベントを体験することができます。

ストーリー体験パートは中盤あたりから開始されるのでストーリーを深く理解しようとしてもできないです。そのため、ストーリーはアニメ主人公が合流した程度にとどめて、システムを楽しむほうに注力したほうが良いです。

プロローグパートの楽しみ方

作品の雰囲気・キャラの魅力を楽しむ

プロローグパートは物語の開始から始まりチュートリアルが体験できるので、物語の雰囲気やイベント・戦闘・キャラの魅力を体験できます。ぜひ、イベントのキャラの表情の豊かさとカッコいいUIを体験してください。戦闘は慣れないと忙しいですが慣れればどうってことないです。ストーリー体験パートのほうができるほうが多いので探索などはストーリー体験パートのほうがおすすめです。

雨漏りシーンで濡れる表現を体験する

プロローグパートのストーリーに学校の雨漏りのシーンがあります。このシーンでは確定に天気が雨になるので、建物外に出てキャラの濡れている感を体験してください。ちょっと驚愕するレベルの濡れている感です。

ストーリー体験パートの楽しみ方

学校探索を楽しむ

学校探索を楽しみます。プロローグパートでは教室だったところが寝室に改造されていたり、プールが温泉になっていたりと動いているだけで楽しいです。

戦闘や各キャラの使い勝手を楽しむ

ストーリー体験パートでは使えるキャラが増えているので色々なキャラで戦闘を楽しみます。リフレクターの変身エフェクトはキャラそれぞれで違うので色々なキャラをパーティに入れて技のモーションや変身を楽しみます。

工作・学校開発を楽しむ

ストーリー体験パートでは工作・学校開発が使用できるので、工作・学校開発を楽しみます。工作で選択するキャラによってアイテムの効果が変わったり、学校開発で設備が学校に出てくるので楽しんでください。

ストーリー体験パートとTwitterフォトモードを楽しむ

ストーリー体験パートではフォトモードで使用できるキャラも増えていて色々なことができます。#ブルリフT体験版でTwitterを調べると結構フォトモードで遊んでいる人がいるのでそれを見て楽しんだり、自身が発信して楽しみます。

普段フォトモードを使用しない人も是非一回楽しんでみてください。正直あり得ないぐらいはまります。

f:id:mink0212:20211003212035j:plain

ブルーリフレクション帝のフォトモード 事故

f:id:mink0212:20211003212110j:plain

ブルーリフレクション帝のフォトモード 復讐



 

体験版の注意

途中でセーブができない

ゲームクリアまでセーブすることができません。そのため、1~2時間(スキップすれば30分程度)の余裕があるときにゲームをしてください。

製品版に引き継げない

ゲームのクリア時の状態を引き継げないのでレベリングの意味はないので注意してください。