×

日常の色々な事

開発の考えや映画やアニメなど、ごちゃごちゃしたものを書いてます。

selenium VS testcafe VS karate

書いたこと

seleniumとtestcafeとkarateという3つのWeb操作をするライブラリを独断と偏見でどっちが良いかを書きました。

selenium

良いところ
  • 使用できる言語が多い
  • ネット上に資料が多い
  • 出来ることが多い
悪いところ
  • 環境作成が困難
  • ブラウザ操作がWebDriverに依存する
  • テスティングフレームワークとの連携が必須

TestCafe

良いところ
悪いところ
  • 言語がTypeScript、JavaScriptしか使えない
  • 出来ることが限定される

karate

良いところ
  • 色々な言語と連携できる
  • 公式のチュートリアルが丁寧
  • 機能が豊富(karateでAPIのテストもできる)
  • Gherkinでの記述がわかりやすい
悪いところ
  • 環境作成が困難
  • 自由度が高すぎる
  • 資料がネット上に少ない

感想

それぞれに一長一短がありました。個人的にはTestCafeが一番良いと思いました。他のライブラリに比べて開発環境の作成が容易な上に複数ブラウザ対応がコマンド引数を変えるだけで終わるのですごく楽です。さらに、HTML操作で困難な画面表示を待つ処理とかも自動で実施してくれるのでとても楽です。

次に良いなと思ったのがkarateになります。karateはできることが多いので開発のテストを全てkarateにしてあげることで学習コストを下げることもできる上に色々な言語との連携ができるので拡張性が高いので色々なプロジェクトで活用できると思いました。

さらに、Gherkinは良く見るととても分かりやすい書き方になっているのでプログラミングではなく設定ファイルを記載するようにテストが作れます。