×

日常の色々な事

開発の考えや映画やアニメなど、ごちゃごちゃしたものを書いてます。

HTTPクライアントツールのInsomniaが便利っぽい

REST APIのテストをするために、HTTPリクエストをするツール Insomnia を使ってみてかなり便利でした。

swaggerを使っている人でHTTPクライアントツールを使っている人は拍手喝采するような素晴らしい機能を持っているため、乗り換えた理由や便利な点を紹介します。

公式サイトはThe API Design Platform and API Client - Insomniaです。

元々使っていたツールと乗り換えた理由

Postman

良かったところ
  • シンプルな使い心地
  • シナリオやランニングツールとしても使える
  • ワークスペース管理
  • curlコマンドの自動変換
  • JavaやGoなどコード生成
  • リクエストのクエリパラメータの解析
悪かったところ
  • 頻繁に会員登録を迫ってくる
  • 重い
乗り換えた理由

今まではPostmanが気に入っていて、ずっと使い続けていましたが最近になって会員登録を迫る機会が増えた上に重くなってきて使い勝手が悪くなったので使うのもやめました。

Talend Cloud API Tester

良かったところ
  • 軽い
  • curlコマンドのコード生成
  • リクエストのクエリパラメータの解析
悪かったところ
  • ブラウザとして認識される(Alt + Tabで選べない)
  • ランニングツールとして使えない
  • コンソールから起動できない
乗り換えた理由

プロジェクトの標準ツールなので一応使っていましたが、Postmanに比べて機能が少なく、起動手順が多くて嫌になりやめました。(ブラウザを立ち上げてブラウザ上のTalend Cloud API Testerのボタンを押して起動)

他にもCtl + Aでレスポンスをコピーできずにコピーボタンを押す必要があったりとGUI重視の使い勝手で作業スピードが落ちてしまいました。

Insomniaの紹介

良いところ

  • 軽い
  • シンプルな使い心地
  • シナリオやランニングツールとしても使える
  • ワークスペース管理
  • swaggerの自動変換
  • curlコマンドの自動変換
  • JavaやGoなどコード生成
  • リクエストのクエリパラメータの解析
  • swaggerの文法チェック
  • GitHubとの連携

悪いところ

  • swaggerの文法が厳密すぎる

選んだ理由

最も引かれたのはswaggerの文法チェックとswaggerからの自動変換が出来るところです。IF仕様書としてswaggerを採用しているので、このツールを使えばいちいち新しいREST APIが増えたときに自分で一から設定する必要がなくなるのがうれしいです。

さらに、swaggerの文法チェックをしてくれるのでビュワーによって作ったswaggerファイルが見れないと言う問題も防ぐことが出来ます。

Postmanで持っている機能をほぼ持っており、軽く会員登録もいらないのでこれを使わない手はありませんでした。

他にも試してはいませんが、GitHubやbitbucketのパイプラインと同期出来たりもっと便利になる可能性を秘めて良そうな気がしています。