×

日常の色々な事

開発の考えや映画やアニメなど、ごちゃごちゃしたものを書いてます。

ホーム画面はシンプルで機能的な画面を目指しました。

今週のお題「ホーム画面」はシンプルで機能的な画面を目指しました。
基本はデフォルトの画面を利用していますが、少し工夫することで見やすさをアップさせています。

トップ画面のウィジェットには見る機会の多い時計と天気予報を配置して、アイコンはSNS、ブラウザ、ゲーム、基本機能、地図・乗換案内をフォルダにまとめて配置しています。
「ブラウザをまとめる?」と思った人もいると思います。その理由は作業の効率化のためにブラウザを分けているためです。いつも見るものはsleipnir、その他はChromeを使っています。sleipnirはタブが画面の下にあったり、左右のスワイプで移動出来たりとタブに関して直観的に理解しやすいのでいつも開くページはタブで開いたままにしています。

基本機能は標準で入っている機能を突っ込んでいます。例えば電話アプリ、playストア、電話帳、カメラと標準で入っているものを突っ込んでいてあまり使う機会が少ないけど重要なものをまとめています。

ロック画面には時計とカメラ起動のアイコンを配置して時計変わりにチラチラ見たり、写真を撮りたいときにサッと取れるようにしています。音楽を聴いているときは音楽プレーヤーが表示されていて、わざわざロックを解除しなくても使えるようにしています。

右にスワイプしたときの画面にはカレンダーとCoinCheckのウィジットを配置しています。こちらは1日のうちに1~2回ぐらいしか見ないので隣の画面に配置しています。

他にはスマホを振った時にはdポイントのアプリが起動したり、複数回振った時は伊トーヨーカードーのアプリを起動したりとスマホの機能をフルに活用して利便性を追求しています。