×

日常の色々な事

開発の考えや映画やアニメなど、ごちゃごちゃしたものを書いてます。

面白かった2021年の秋アニメの感想

2021年の秋アニメのほとんどが最終回を迎えたので自分が見たアニメの中で面白かったものの感想を書いていきます。

今でしたら全てU-NEXTで見れます。

逆転世界ノ電池少女

 

1話ギリしようかなと思っていたぐらい一切期待していなかったアニメですが話数が進むにつれて懐かしく面白い気持ちになりました。一部止め絵やコマ差し替えなど動かないシーンがあったり、第一部完結のような感じなど微妙なところはありましたが、2000年代初期の演出をがっつり詰め込んだり動くシーンではグリグリ動くなど愛を感じて見ていて楽しい気持ちになります。

特に最終話ではヒロインの歌をバックグラウンドに戦ったり、失敗した先導者が過去を乗り越えて主人公を助けたり、衣装チェンジや3体同時合体、カットインなど1話であり得ないぐらい懐かしい演出を取り入れているので面白いです。ロボットの名前を「シャークワン」から始まって「シャーク The Burn」最後には「シャーク The Burn 華乱」とパワーアップするたびに名前が長くなっていくのも個人的に懐かしポイントです。

惜しむらくはあまりに詰め込みすぎてお祭り状態になっているので楽しんでいるうちに終わってしまうので昔のように2クールでじっくりしてもらったらより楽しめたのかなと思います。

逆転世界ノ電池少女を見に行く

吸血鬼すぐ死ぬ

 

アニメのテンポやキャラの叫びやツッコミが面白かったです。一般的な吸血鬼やハンターの枠にとらわれない多種多様で個性的な吸血鬼やハンターが出てきて強制的に頭を空っぽにさせられて「わちゃわちゃして楽しい!!」と思っているうちに終わってしまいました。

ちょっと先が気になって原作の漫画も見てみましたがアニメのなって数十倍に面白くなっていて驚愕しました。

吸血鬼すぐ死ぬを見に行く

 

見える子ちゃん

 

元々漫画を読んでいてアニメ化も期待していましたが、期待以上でした。四谷みこや二暮堂ユリアがものすごく可愛くなっていました。特にユリアから見たみこは怖くて強い霊能力者だと勘違いしていて無駄にみこが怖く描かれていたり、ユリアが必要以上に恐怖しているのが動画になるとかなり滑稽で面白かったです。

OPとEDは青春アニメかと見間違うほど透明感と疾走感があってさわやかな曲なのに歌詞がひたすら気味が悪いのもまた面白かったです。

見える子ちゃんを見に行く

結城友奈は勇者である-大満開の章-

 

ゆゆゆいしか知らなくて原作小説は読んでいないのですが西暦組のシーンでは予想以上の残酷さで絶句しました。一方でCGで描かれている戦闘はちょっと出来が良くなくてちょっと没入感が減ってゆゆゆよりも悲しさは少なかったです。

防人組の中でも特に弥勒とすずめがうるさくて楽しくて出てくるだけでギャグ時空になっているような感覚がして癒されました。そんなギャグ担当の2人でも重要なシーンでは必死なセリフや土壇場のバカ力など感動するシーンがあってよかったです。

最後は勇者の章の補足と言う感じでしたが、勇者の章を見たときはハテナ状態だったところが補足してもらえていてよかったです。特に安芸先生や銀など勇者の章ではほとんど語られなかったものが補足されていて感動しました。これでようやく完結した気持ちになりました。

個人的には神性は化石燃料との相性とか勇者は相性が良かっただけだとかいうのはちょっと蛇足だった気持ちになりましたが、成長した勇者部や世界を調査する任務を未来につなぐところはいくつもの話をつないできたゆゆゆらしくて良かったと思いました。

結城友奈は勇者である-大満開の章-を見に行く