×

日常の色々な事

開発の考えや映画やアニメなど、ごちゃごちゃしたものを書いてます。

ヘブンバーンズレッドとローソンコラボキャンペーンに行って店員の対応に感動したこととARアートパネルがうまくいかなかったときにしたこと

8月2日からヘブンバーンズレットとローソンのコラボが始まりました。
その時に店員さんの対応が凄くて感動したので書いていきます。ついでにARアートパネルがなかなか使えなかったため使い方と自分が使えるようにした方法を書いていきます。

コラボ内容と欲しかった特典

コラボ内容は下の5こです。

  1. 対象のお菓子を3点購入することで、ARアートパネルを1つもらえる
  2. 5000円以上のGoogle Play ギフトカードを1点購入することで、ポストカードが1つもらえる
  3. A4クリアファイル3枚セット発売
  4. アクリルスタンド発売
  5. ブロマイド発売

この中で1番のARアートパネルと2番のポストカードを目的にローソンに向かいました。

1番のARアートパネルは、全6種類なので全てもらうためには 6×3=18個のおやつが必要になります。アートパネルは全種類欲しいけど、普段は1週間に1個お菓子を食べるぐらいなので18個は多い。。。間を取って4個もらおうと思い向かいました。

2番のGoogle Play ギフトカードは特に使用期限もなく、将来必ず使用するため全種類1枚=9枚買う気で向かいました。

ローソンでの話

お店にあったGoogle Play ギフトカードは6枚しかなかったので、Google Play ギフトカード6枚と近くにあったポストカード6枚を手に取りました。

ARアートパネルは4個欲しいため、好きな紗々多めで12個の対象のおやつを手に取りました。ARアートパネルは特に店内に見当たらなかったため、レジで聞けばいいやと思いつつレジに向かいました。

最初に対応してくれた店員さんは、Google Play ギフトカードは1回の精算で5枚が上限になっていることを知らなかったらしくて、エラーが出てパニクっていました。

その時に別に店員さんが出てきました。この店員さんが凄かったです。Google Play ギフトカードはあふれた分は別会計にすることを直ぐに理解してくれました。

さらに、お菓子を見るだけで自分は何も言っていないのにヘブンバーンズレッドのコラボだと察してくれて「ARアートパネルは大丈夫ですか?」と聞いてくれました。場所が分からないことを伝えるとパネルが置いてある場所まで案内してくれました。

4個欲しかったので、どれを取ろうかと悩んでいると店員さんがさっと全部のパネルを手に取って渡してきました。「4枚なのに6枚渡された?」と不思議そうな顔をしていると「最後の1枚なので先にとっておかないと横から取られちゃうんですよ」と理由を説明してもらえました。そんなこともあるのかとびっくりしました。

さらにすごかったのは、会話の流れで「全種類のためには、後6点お菓子が足りないですね。どうしますか?」と言ったことです。お菓子の量はヘルプで一瞬見ただけなのに覚えてたのかと驚愕しました。結局は最後の1個という文句につられて全種買うことにしました。最後とか限定とかの言葉に弱い弱点を突かれました。

最後に驚愕したのが、こちらが買うと決めた瞬間に「お菓子で安いのはコアラのマーチですよ。」と言ってくれました。こちらがコアラのマーチを持ってきますねと言った瞬間に店員さんが「持ってきますよ」と持ってきてくれました。

他の客がいなかったとはいえ、お昼時だったのでサッサと終らせたいのかなと思っていたんですが、会計後に「A4クリアファイル3枚セットも販売しているので、良ければ見て行ってください」と態々商品が置いている場所まで行って見せてくれたので純粋に素晴らしい店員でした。

ARアートパネルの使い方

ARアートパネルの裏側にあるQRコードをカメラで読み取るか、ヘブンバーンズレッドコラボキャンペーン | ローソンのリンクを押してキャンペーンサイトを開きます。

下の対象のキャラカードの下の[カメラを起動]ボタンを押してスマホのカメラを起動します。この時にカメラ起動の許可を求められるため許可を押します。

ARアートパネルをカメラに収めると画面説明が表示されます。画面説明は適当にタップすれば終わります。

画面説明(チュートリアル

画面説明が終わった後にパネルにカーソルを合わせると動画の再生ボタンが表示されるため、再生ボタンを押すとARでキャラが出てきてメッセージが流れます。下の画像のようにものすごくずれていても灰色のところをタップすれば再生されます。

再生画面

ARでキャラが出てきたらパネルは不要になるため、画面外に外して指二本でスワイプをしてキャラを動かしたり、ピンチをして大きさを変えたりできます。

ARキャラ

ARアートパネルを使えるようにした方法

カメラが起動しない

カメラそのものが起動しない場合は、カメラ起動権限がブラウザにない可能性があります。設定からアプリ一覧を開いてブラウザの権限にカメラがあるか確認してください。なければ許可してください。

ブラウザとは?と言う方はiphoneであればsafariandroidであればchromeをアプリ一覧から探して権限の許可と標準アプリに設定してください。

カメラ画面が灰色

カメラ画面が灰色

カメラ画面は起動できたけど、灰色の画面ばかりで風景がうつらないと言う場合は画面説明を進めてください。

適当に画面をタップすることで目には見えないですが進みます。大体10回ぐらいタップしても変わらないときは右下の三点リーダーからチュートリアルを開始してください。チュートリアルが終わったら写るはずです。

最初の一回以外パネルが読み込まれない

最初の一回はパネルが読み込まれたけど、次からは読み込まれない場合はカメラ起動前の画面にブラウザを戻した上でキャッシュの削除をしてください。

ブラウザで異なりますが、chromeの場合は右上の三点リーダーから設定を開いて、プライバシーとセキュリティを押します。その後出てくる画面の閲覧データの削除、データを削除を押します。必要なデータや消してほしくないデータがあるときはそれぞれチェックをはずします