日常の色々な事

開発の考えや映画やアニメなど、ごちゃごちゃしたものを書いてます。「本サイトはアフィリエイトが含まれています」

「自分に贈りたいもの」は骨伝導イヤホンです。

今週のお題「自分に贈りたいもの」は骨伝導イヤホンです。

今年の一月はフワフワですでも書きましたが、今年に入ってからプロジェクトメンバーのヘルプマンとして駆り出されているので一日中通話しています。

最初の数日は特に気にならなかったのですが、段々イヤホンのせいで耳が痛くなってきます。そこで骨伝導イヤホンを使うことで耳へのダメージを減らせるとプロジェクト内で話題だったので使ってみたいなと思いました。

というより近々買うと思います。

骨伝導イヤホンを色々調べて買いたいなと思っているものを紹介します。

Shokz OpenComm

プロジェクトメンバーの数人が使っていたイヤホンです。無線接続(Bluetooth)は当然として音が聞きやすいノイズキャンセリングもある優れものです。さらに骨伝導イヤホンでの不安点である音質も耳に入れるカナル型と遜色ないそうです。

 

AfterShokz Aeropex

一つ目のシリーズの一つです。外で使う場合や音楽を聴く場合などを考えるとちょっとマイクの性能が悪くなってもこっちの方が良いかなと思います。こちらも使っている人から聞いてみると音質はカナル型と遜色なく耳も痛くならないので候補の1つです。

 

BOCO PEACE TW-1

サイズが魅力の骨伝導イヤホンです。耳にフィットする形で音漏れが50%軽減していてテレワーク以外にも外でも気にせず使えそうです。さらに、他のイヤホンとは違い耳につけるタイプなので邪魔な線はなく動いているときに邪魔になりません。