×

日常の色々な事

開発の考えや映画やアニメなど、ごちゃごちゃしたものを書いてます。

BDドライブ BDR-XD08MB-Sのレビュー

2021年9月に発売されたBDR-XD08MB-Sが届いたので使ってみた感想を書いていきます。

購入したBDR-XD98MS-Sはこれです。

他のおすすめの外付けDBドライブはこちらに書いています。もう少し安いのや他の会社のものなどを書いています。

mink0212.hatenablog.com

 

良かった点

びっくりするぐらいコンパクト

かなりコンパクトでびっくりしました。BDの中でかなり小さい部類です。もしかすると最小かもしれません。

試しに、CDのパッケージと比べてみました。

f:id:mink0212:20210920203241p:plain

BDドライブとCDパッケージの比較(正面)

BDドライブの横はCDパッケージより数ミリ大きかったです。縦方向の大きさは逆にCDパッケージより数ミリ短かったです。

ほとんど、CDパッケージと同じサイズ感だったので持ち運びに不便しないサイズかと思います。実際は中にCDやBDを入れて使うので折り畳みでもない限り最小サイズかと思います。

f:id:mink0212:20210920195930p:plain

BDドライブとCDパッケージの比較(側面)

厚さについては、CDパッケージの2~3倍の厚さになります。クラムシェル式なので蓋が上にパカッと空く分厚さが出たのかなと思います。持った時に違和感はないため、持ち運ぶには不便しないサイズになります。

十分な速度の読み込み

家にあるアニメのBDと音楽のCDを読み込んでみたところ普段使いには問題ないほどの読み込み速度でした。

アニメのBDは付属のPowerDVDを使用して見ましたが、BDを入れた瞬間に町がなく再生が始まりました。最初や停止からの再生時に一瞬動画が固まりますが以降は一切動画が止まることなく再生することができました。

音楽のCDについては30分ほどのアルバムを付属のPower2Goを使用して取り込みましたが、約2分ほどで取り込むことができました。

PCの性能もあるかと思いますが、今まではちょくちょく止まったり十分近くかかってた取り込みが驚くべき速度に変わっていました。

まあまあ静か

読み込み時にディスクを回転させる音はしますが、気にならない程度の大きさです。CDは取り込み時に「スー」と音はしますが、再生時には音はしませんでした。BDも再生時は最初に少し音がした後はほぼほぼ無音で動いているで本当に回っているのか分からないぐらい静かでした。

取り出しボタンを押したときに蓋が跳ね上がらない

取り出しボタンを押したときは、ほんの少し蓋が上がるだけで以降は人の手で蓋を開けます。取り出しボタンを押したときに蓋が一気に跳ね上がると蓋が予期しないところにぶつかってしまう可能性があるので、跳ね上がらないのはうれしいです。

もう一歩なところ

蓋が浮く

クラムシェル式なので仕方がないところかもしれませんが、閉じている状態の時でも蓋が1ミリ程度浮いています。カバンの中に入れておくと汚れや紙などが引っかかるかもしれません。本当に持ち運ぶときはケースに入れるので無用な心配かもしれませんが、ちょっと残念です。

UHDのBDが少ない

ドライブのもう一歩なところではありませんが、対応しているUHDのブルーレイが少ないのでオーバースペック気味になっています。ちなみに今の主流であるフルHDも再生できます。作品によっては配信サービスで見るよりも綺麗に見れます。スマホやノートPCで見る分にはあまり変わりませんが、ちょっと大きいディスプレイで見ると違いが如実に表れます。

家庭用のホームビデオやテレビも4Kに対応したものが出てきているので、UHD対応のBDが増えるのは時間の問題かもしれないです。

ケーブルが短い

ドライブとPCをつなぐケーブルが短いです。デスクトップPCの上に挿してしまうと下までドライブが届かないぐらい短いです。ノートPCの真横で使うことがないのならば、USBの延長は必要かと思います。

感想

フルHDの綺麗なBDが見れることやCDやBDの取り込み速度で16,000円ならば、コスパ的に良いです。

さらに、今安いドライブを買ったとしても数年後にUHDが普及してきてUHD対応の新しいBDドライブを買うことを考えると少し値が張ってもUHD対応のドライブを買う方がトータルで安く済むと思います。

個人的にはCDの取り込み速度がここまで短くなったのがうれしいです。CD1枚で8分の短縮なのでCD5枚取り込んだら40分も短縮されることになるので、ゲームのプレミアムボックスを買った後に特典のサントラを取り込むのが楽になります。